亜鉛サプリの選び方!ランキング形式で紹介

亜鉛サプリの選び方!ランキング形式で紹介

まず第一に注意したいサプリ選び

亜鉛サプリを選ぶ第一の基準として覚えておきたいのが、過剰摂取にならないよう気をつけること です。
安いサプリでは亜鉛単体の成分が含まれている商品もあるのですが、これだと亜鉛の過剰摂取の危険性が高まります
それでは詳しく解説していきましょう。

 

  • 過剰摂取はなぜ悪い?

亜鉛サプリを服用することで過剰摂取に注意しましょうと紹介しましたが、なぜダメなのでしょうか。亜鉛は体内の量が少なすぎても多すぎても影響が出る成分です。必須ミネラルであるのに対し、体内に取り入れる量は無制限ではないのです。過剰摂取があると嘔吐や下痢などの症状が出やすい成分です。特に亜鉛単体で摂取すると量が多くなる危険性があります。

 

  • 過剰摂取を避けるには?

できるだけ亜鉛単体のみ含まれているサプリではなく、食品のなかの一部で亜鉛が入っているサプリを選ぶべきです。例えば亜鉛含有量が最も多い牡蠣を原料にしたサプリなども良いでしょう。この場合は亜鉛のみを摂りすぎることが防げ、ほかの成分も補給

 

 

できるため色々な効果を実感できます。

 

  • ミネラルはバランスが大事

実はミネラルは他のミネラルとのバランスが重要となります。そのため亜鉛だけの摂取よりも、様々な栄養素が含まれる食品由来のサプリがおすすめなわけです。

 

 

 

亜鉛サプリ比較を見てみる 

 

亜鉛を食品から摂取するには 

5位Lオプティジンク

アメリカのサプリで高吸収型、1日に30mg亜鉛が補給できます。これだけの量が1度に摂取できるのは、アメリカの商品ならではでしょう。特に食生活で洋食が多く、アメリカのジャンクフード的な食事をよく食べる方に便利です。詳しいメリット、デメリットを紹介していきましょう。

 

  • 亜鉛の消費量が多い人向け

ストレス、肉体労働、お酒、添加物の多い食品などで亜鉛は多く消費します。これらの生活習慣に当てはまる方は、アメリカのサプリメントを利用する方法もあります。日本のものだとこれだけ配合できる商品はあまり見つかりません。

 

  • メリット

特許取得の亜鉛成分配合で、吸収率が高くなっています。元々吸収率が悪い亜鉛ですが、1日のうち消費量が多いなら役立ちます。亜鉛は天然由来で構成され、この会社の商品のなかでもスペシャルタイプとなっています。他の成分も米粉、ゼラチン、野菜由来の成分など、安全性が高い商品です。

 

Lオプティジンク

 

  • デメリット

アメリカ人向けということもあり、亜鉛の量が少し多いように思います。また取り寄せは通販のみで、英文記載のため説明書きを詳しく読みたい方にとっては敷居が高くなります。亜鉛の配合量が多く、妊婦・授乳中・子どもの使用はできません。主に亜鉛の消費量が多い男性が便利な商品でしょう。

 

 

4位カキプラスZ

広島県産の亜鉛を使用し、1日当たり7mgの亜鉛が補給できる商品です。ほかにもスタミナ対策になる6種類の成分が添加され、色々な効果が実感できる商品となっています。メリット、デメリットを紹介します。

 

  • 天然由来の亜鉛

広島県産の牡蠣を原料とし、天然由来から亜鉛が補給できます。牡蠣だけでも様々な栄養素が含まれ、更に6種類の年齢対策成分も添加しパワーアップしています。全額返金制度も利用できるため、効果を実感してから続けるか考えたい人に便利です。

 

  • メリット

品質の高さが保てる工場で製造し、年齢対策におすすめのウコン・ブルーベリーも同時に摂取できます。サプリメントでしっかりと効果を得たい中年以降の世代に選ばれているようです。

カキプラスZ

 

  • デメリット

1日当たりの亜鉛の摂取量が多少少ないのが気になるところです。また商品価格が高いわりに、他社の成分とそれほど変わらない感じがします。しかし価格が高いことでプラシーボ作用も働きますから、安いサプリだと効果が無いように感じる人に便利です。価格がお手ごろなのは初回限定のみで、次回からはかなり値段がアップしてしまいます。1本のみ買いたい人や、定期購入でお得な価格で継続できる人向け商品です。

 

 

3位プレミアムオイスター

コスパ、広島県産の牡蠣使用、1日13mgの亜鉛補給など良い面があるサプリメントです。ほかにもオルニチン、ビオチン、ビール酵母などが添加され、安価で買いやすい商品です。具体的なメリット、デメリットを紹介します。

 

  • 初回限定約83%オフ

はじめての購入の方に便利なサプリで、初回限定で約83%オフの価格で買えます。亜鉛サプリを飲んだことがない方、牡蠣が自分の体質に合っているか手軽に確かめるのに良いでしょう。添加物使用無しの天然原料のみのサプリという面も評価が高くなっています。

 

  • メリット

主に40代以上の方におすすめのサプリで、元気になる成分を複数配合しています。クルクミン、オルニチンが添加され、年齢対策をする方が気になる成分が1つで摂取できます。複数のサプリを買うことを考えると、1日2粒は非常に利用しやすいといえます。

プレミアムオイスター

 

  • デメリット

お買い得価格は初回のみなのが少し残念です。また初回限定価格での利用は、定期コース申込者のみ です。次回からは30%オフになるとはいえ、1回のみ買いたい人には多少使いにくくなっています。休止は4回目以降となっており、3回は必ず継続が必要です。商品は良いものでも、よく説明を読まないと定期コースに申し込んだつもりは無い、というトラブルが起こる可能性があります。

 

 

2位ミルク牡蠣サプリメント

天然の牡蠣を使用したサプリで、濃縮したエキスを使っているため、牡蠣の栄養素を少ない量で補給できます。高級な牡蠣を使用しているのも特徴的です。原料を考える方にとっては嬉しい商品です。ではメリット、デメリットを紹介していきます。

 

  • 高級牡蠣が補給できる

亜鉛サプリのなかでも、1kg2,000円以上する高級サプリを使用している商品は少ないでしょう。栄養が高くミルクのような濃厚な味がする牡蠣を使用しています。更に30時間以上煮込むことで、濃厚なエキスに仕上げています。これをソフトカプセルに包み、毎日高級牡蠣を食べているような効果を実感できます。

 

  •  メリット

ロッカクレイシ、ローヤルゼリー、長命草、無臭にんにくも加えられています。濃厚な牡蠣エキスだけでも十分栄養価が高そうですが、更に栄養を添加することで年齢対策におすすめのサプリに仕上がっています。

ミルク牡蠣サプリメント

 

  • デメリット

年齢対策に良さそうな栄養素が詰まっているのは良いのですが、その代わり価格は少々高めの設定です。初回は半額で買えても、次回からは倍となるため注意しましょう。1回のみお買い得価格で利用したい方、安いサプリより確実に効果が得られる良いものを求めている方に便利です。

 

 

1位NATURAL ZING

海外の製品で、大豆・米ぬか・小麦から作った100%天然由来の亜鉛サプリメントです。価格もお手ごろで、1日30mgの亜鉛が補給できます。添加物は一切使用せず、食品感覚で使用することができます。メリット、デメリットを紹介します。

 

  • 安心できるサプリ

原料が植物性のものを100%使用しており、分析試験結果もしっかりと公表しています。アメリカならではの天然サプリといった感じです。遺伝子組み換え食品、防腐剤、人口着色料、化学溶解剤、砂糖は使用していません。

 

  • メリット

キレート加工により吸収率が落ちやすい亜鉛を補給しやすくしています。アミノ酸でコーティングし、吸収率を良くしています。価格も手ごろで、大容量タイプが販売されており、家族みんなで安心して使えるサプリです。

NATURAL ZING

 

  • デメリット

アメリカの商品ということもあり、通販でしか手に入りません。送料無料のショップを見つけることができれば良いのですが、多くの場合送料がかかります。コストパフォーマンスが良いので、まとめ買いしたい方に良い商品です。また牡蠣12個分の亜鉛摂取ができると書かれてはいますが、原料は植物性なのは気になるところです。動物性の原料より吸収量が落ちる可能性もありますし、牡蠣に含まれるほかの栄養素は補給できません。

 

亜鉛サプリ比較を見てみる 

 

亜鉛を食品から摂取するには 

 

関連サイト

http://xn--5-hfuwe4c031rd73f.com/・・・亜鉛サプリの正しい選び方について解りやすく解説しています。
 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ